電話して相談する

水のコラム

引っ越し前の水回りお掃除。コツを場所別に解説

2020年02月28日  水回りお掃除

何かとすることの多いお引っ越し。水回りをはじめお部屋全体のクリーニングも忘れてはならないタスクのひとつです。トイレや浴槽、キッチンシンクの汚れをそのままにして退去すると、敷金の返還がなされないことも。以下で引っ越し前の水回り掃除ポイントをご説明しますので、引っ越しを控えている方はぜひご一読ください。

引っ越し前のお掃除が大事な理由

マンション・アパートの借主には、引っ越しの際にお部屋を借りたときの状態に戻す義務があります。いわゆる「原状回復」というものです。ひどい汚れや損傷を残したまま退去すると、その修繕のための費用を敷金から差し引かれます。敷金でカバーできないほどの修繕費用が発生する場合、プラスアルファの費用を請求されるでしょう。

とはいえ、すべてにおける原状回復を借主側に求めるものではありません。監督機関である国土交通省は、そのガイドラインで「通常の生活で自然発生する劣化や汚れは原状回復の対象外」と説明しています。

裏を返せば、上記の範囲を超える汚れや損傷、劣化の放置は借主側の責任となり、敷金の減額または賠償請求の対象となるわけです。敷金の全額返還を求める前提条件として、可能な限りお部屋をもとの状態に戻すことが望まれます。

では借主負担となる原状回復とは具体的にどのようなケースでしょうか? これについて明確な定義はないものの、東京都の条例がひとつの参考になります。そこには借主側が負担すべき原状回復の項目として、「壁に生じた釘穴やネジ穴」「タバコのヤニによるクロスの変色」「キッチンの油汚れ」「風呂やトイレ、洗面所の水垢、カビ」などがあります。愛知県の物件でもひとつの参考として捉えてよいでしょう。

トイレ・キッチン・洗面所・お風呂のお掃除のコツ

上記の説明で、「引っ越し前には水回りのお掃除が大切」ということがわかったと思います。引っ越し前とくに重点的にお掃除したいポイントを、場所別に解説いたします。

・トイレ
トイレは便器から壁、床にいたるまですべてきれいに掃除します。長く洗っていない状態であれば、便器内に黒ずみや黄ばみがこびりついていることでしょう。黒ずみに対しては重曹、黄ばみに対してはクエン酸スプレーが効果的。黄ばみの原因である尿石はアルカリ性なので、酸性のクエン酸がもっとも効果を発揮します。方法としては、適量のクエン酸をボトルに入れ、目立つ汚れの上からスプレーしてスポンジでこするだけ。クエン酸がないときはお酢で代用可能です。

・キッチン
キッチンの掃除では、シンクはもちろん蛇口や換気扇、棚の中まできれいな状態にします。シンクの汚れ落としにはクエン酸(お酢)、排水口の油汚れには重曹というふうに、対象となる汚れの性質に応じて洗剤の種類を使い分けましょう。蛇口は市販の「マジックリン」で磨くと、水垢を残さずピカピカの状態にできます。

換気扇のフィルターもまた、油汚れにさらされた場所です。中性洗剤を含んだスポンジで丁寧に洗い落としましょう。フード内も同様に磨き、仕上げにぞうきんで水拭きします。

・洗面所と浴室
ここでも酸性のクエン酸スプレーが効果を発揮。洗面器や浴槽に蓄積した水垢目掛け、クエン酸スプレーを吹きかけましょう。また、床や壁には水分を含んだホコリが広がった状態です。磨いても落ちない汚れには希釈した洗剤を振りかけ、泡立ちさせてから拭き取ると落ちやすくなります。

タイルにこびりついた黒カビは、キッチンペーパーにカビ取り専用の洗剤を含ませ、汚れの上にかぶせます。しばらくして泡立ちとともに浮き出てきたカビをはぎ取って完了です。

ハウスクリーニングを頼むメリット・デメリット

自分の手には負えないほど水回り汚れがひどいとき、あるいは丁寧に掃除する時間がないときなどは、ハウスクリーニングの依頼もひとつの手です。依頼する際は、次に紹介するメリット・デメリットを参考に決めてください。

・メリット
お掃除のプロフェッショナルにお任せすることで、お部屋全体を手落ちなくクリーニングできます。長年にわたって染みついたシミやキッチン周りの油汚れ、便器に付着した黄ばみなど、なかなか落ちない汚れも専用の洗剤と道具を使ってきれいに落としてくれます。専門的な知識が必要なエアコン掃除などにも対応してくれるので安心です。

・デメリット
プロに頼む以上は、相応の費用を負担しなければなりません。費用は部屋の広さや注文範囲、掃除方法などで異なります。高額な費用となれば、敷金で管理会社に掃除負担してもらうのと大差ないかもしれません。

他にも、「家の中を見られる」「クリーニング業者によってサービス品質に差がある」などの問題点があります。これらを加味しても依頼するメリットがあるかどうか、よく検討のうえ判断してください。

まとめ

引っ越し前に大切なお部屋のお掃除。水回りは特に水垢や油汚れ、黒かびなどが残る状態となっていることから、原状回復の意味でクリーニングが大切です。それそれの場所別のお掃除ポイントを念頭に、早めに取りかかることをおすすめします。時間がない場合はハウスクリーニングの利用も検討してください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315