電話して相談する

水のコラム

蛇口が空回り…修理は?交換方法は?

2018年12月26日  水道修理

いつも使用する水道の蛇口が、突然空回りしはじめた…。おそらくこの場合、ハンドルの破損が考えられます。空回りした蛇口はそのままでは使えないため、早急に交換しましょう。
今回は、蛇口が空回りする原因とトラブル例、対処法、交換時の注意点とおよびその方法をご説明します。

空回り原因とよくあるトラブル・対処法

蛇口は、ハンドルとスピンドル、両者を接合する三角パッキンやキャップナット、座金などで構成されます。通常、ハンドルを開け閉めするとスピンドルが連動して上下し、その動きで水の出入りを調整します。
それが使い続けるうちになかの器具が摩耗すると破損を生じ、スピンドルとハンドルが空回りすることになるのです。劣化して使えなくなってしまった蛇口は、新しいものに交換する必要があります。

・空回りして水が止まらない場合は?
「蛇口が閉まらず水が止まらない!」こんな事態に遭遇したら、まずはハンドルをゆっくり回してみてください。それでも止まらない場合は、止水栓を閉めましょう。

ハンドルをゆっくり回してみる
ハンドルは、乱暴に回さず、ゆっくり時計回りに閉めてください。

ここで大切なのは、回しながら水漏れの量が減るポイントを見極めること。
少しずつ回していくと、止水できるハンドル位置がみつかることもあるのです。その位置を特定するためにも、慎重深くハンドルを回してください。

止水栓を閉める
上記の方法で水が止まらない場合、止水栓を閉めます。

その場所はキッチンや洗面所、お風呂場によって異なります。キッチンシンクや洗面所ボウルの蛇口であれば、多くの場合シンク下やボウル下に止水栓があります。
正しい位置を確認したうえでバルブを閉めましょう。

交換の前に、種類の確認を

蛇口の交換は、要点さえしっかり踏まえておけばセルフ交換も可能です。
交換作業に入る前に、まずは蛇口の種類確認を行ってください。

・蛇口種類の確認
蛇口には、キッチン・洗面所などに取り付けられている台付きタイプと、壁に設置された壁付きタイプの2種類があります。

そこからさらに、台付きは「ワンホール」と「ツーホール」、壁付きは「混合水栓」と「単水栓」に分かれます。交換すべき蛇口の種類を把握したうえで、フィットする商品を選びましょう。

ワンホール
取り付け穴がひとつで、キッチンシンクの天板に設置されているタイプ。穴は33㎜~39㎜。
どのメーカーもこのサイズに対応したワンホール蛇口を販売しているので、簡単にみつかるでしょう。

ツーホール
取り付け穴がふたつで、設置場所がキッチンシンク天板もしくはステンレスプレート台などの蛇口です。
ふたつの穴の間は203㎜で、どのメーカーも共通しています。

混合水栓
壁に取り付けられた水道蛇口で、水用とお湯用ふたつのハンドルがあることから混合水栓と呼ばれます。蛇口の交換はそれほど難しくありません。

単水栓
水もしくはお湯のみに対応する壁付き水栓です。ひねるタイプもあれば、レバー式タイプの水栓もあります。
故障でなくても、デザイン性を重視しておしゃれなレバータイプに交換する人も少なくありません。

・蛇口交換のタイミングは?
一般的に、蛇口の交換は空回りした時点で行う人がほとんどでしょう。

ただし蛇口は消耗品のため、いずれ交換しなければならないことが分かっています。蛇口の使用年数はおよそ15年といわれており、そこまで使い続けたらいつ破損してもおかしくない状態です。

破損後だと水漏れを起こして余計に被害が大きくなることも想定されるため、古い蛇口ははやめの交換を心がけましょう。

蛇口の交換方法

蛇口の交換方法について、種類別にご説明します。

・ワンホール
1.まずマイナスドライバーなどで止水栓を閉めます。

2.モンキーレンチなどを用いて、水栓ホースを給水管および給湯管から取り外します。

3.六角ナットで固定された蛇口本体を、モンキーレンチを使って取り外します。

4.天板から蛇口本体を取り外し、取付穴を確認。

5.新製品付属のアダプターと固定用金具を蛇口取付穴に設置した後、本体をはめ込みます。

6.新しい蛇口に、逆止弁アダプターを取り付けます。

7.止水栓を開いて水が出るかをチェック

・ツーホール
1.マイナスドライバーで止水栓を閉めます。

2.水栓ホースを給水管や給湯管から取り外します。

3.工具を用いて逆止弁を撤去。

4.取り付け穴ふたつのナットを外し、蛇口本体を取り外します。

5.古いパッキンを取り外します。

6.新しい蛇口をふたつの穴に差し込み、ナットやモンキーレンチなどを使って固定。

7.新しいパッキンで給水管・給湯管と水栓をつなぎ、ナットで固定します。

8.止水栓を開いて水がでるかどうかの確認をして完了。

・混合水栓
1.水道の元栓を閉めます。

2.古い蛇口を取り外します。

3.取り付け部分のゴミを除去。

4.新しい蛇口の足部分を、壁と接続するねじ部分にシールテープを使って固着。

5.取り付け脚を回し過ぎない程度に回して固定します。

6.新しい蛇口をナットとモンキートレンチで設置。

7.元栓を開けて水とお湯ができるかの確認をして、完了。

・単水栓
1.水道の元栓を閉めます。

2.古い蛇口を反時計回りに回して取り外します。

3.新しい座金を本体に取り付けます。

4.シールテープを新しい蛇口に時計回りに巻きます。

5.新しい蛇口を壁穴にはめ込みます。

6.元栓を開け、水漏れと水が出るかの確認をして完了。

蛇口の空回りは、水漏れや水が止まらなくなるなどのトラブル原因にもなります。
劣化して摩耗が激しくなった蛇口はそのままでは使えないため、不調が確認されたらはやめの交換を。その際は対象蛇口の種類の特定し、注意ポイントと手順の確認も忘れないでください。

水道職人では、あらゆる水漏れから蛇口の修理まで幅広く対応しています。
水トラブルでお困りの際は、ぜひご相談くださいませ。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315