電話して相談する

水のコラム

洗濯機の蛇口を開けっ放しにするのはリスク大!毎回閉めるべき理由

2020年08月27日  洗濯機

洗濯機の蛇口をつい開けっ放しにしているという方は多いです。
しかし、毎回きちんと閉めていないと、思わぬ水漏れトラブルにつながる可能性があります。
なぜ洗濯機の蛇口は毎回閉めなければならないのか、その理由を解説します。

洗濯機の蛇口を開けっ放しにする4つのリスク

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしておくリスクを4つ解説します。
洗濯機から1度水漏れしてしまうと、目に見える範囲だけでなく床下まで浸水し、階下にも被害が及ぶ可能性もあります。
水漏れを防ぐためにも、毎回洗濯機の蛇口は閉めるように気をつけましょう。

1.給水ホースが外れて水漏れする
洗濯機の蛇口を開けっ放しにしていると、なんらかの衝撃で給水ホースが外れてしまったときに水漏れが起きます。
蛇口と給水ホースが外れた場合、給水ホースと洗濯機が外れた場合、どちらでも水漏れする可能性が高くなります。
普段触らない部分ではありますが、地震の衝撃で給水ホースが外れてしまい水漏れするというトラブルはよくあります。

2.オートストッパーをしていても水漏れする
給水ホースが外れたら自動で水を止めてくれるオートストッパーを取り付けている家庭も多いです。
しかしオートストッパーは万全ではありません。

オートストッパーが機能するのは、給水ホースと蛇口の接続が外れてしまった場合のみです。
給水ホースと洗濯機が外れてしまった場合や、給水ホースが劣化して穴があいた場合などには機能しません。
そのため、水漏れを防ぐには蛇口を毎回閉めることが大切です。

3.水圧がかかって故障しやすくなる
洗濯機の蛇口を開けっ放しにしていると、常に給水ホースとの接続部分に水圧がかかります。
そのため、少しずつであっても、パッキンの劣化が進行します。
蛇口を開けたまま長期間洗濯機を使用するとこのパッキンの劣化が進み、その部分から水漏れが起きてしまいます。

4.給水栓・ジョイントが破損する
洗濯機の蛇口を開けっ放しにすることで、給水ホースだけでなく給水栓やジョイントにも水圧がかかります。
一般的に洗濯機、蛇口は5年から10年もつと言われていますが、水圧が常にかかっているとそれよりも短い期間で故障、水漏れ、トラブルを引き起こします。
洗濯機を長く大切に使うためにも、蛇口は毎回閉めましょう。

洗濯機周りで水漏れしたときの3つの対処法

洗濯機周りで水漏れしてしまったら、一刻も早い対応が必要です。
すぐに水を止め、これ以上の水漏れを防ぐことから始めましょう。

1.すぐに洗濯機の蛇口を閉める
洗濯機から水漏れしていることが発覚したら、すぐに洗濯機の蛇口を閉めてください。
床の水を拭き取っても、蛇口が開きっ放しになっていると、どんどん水漏れしてしまいます。
蛇口を閉めたら、次に電源コードをチェックしましょう。
電源コードが濡れていると、感電する恐れがあります。
濡れている場合は、拭き取ってよく乾かしてからコンセントを抜きましょう。

2.水を拭き取る
蛇口を閉め、コンセントを抜いてから床に広がった水を拭き取っていきます。
拭き取る際は、上から順番を意識してください。
洗濯機が濡れている場合はその周辺から、床は最後です。
だいたいの水を拭き取ったあとも、床下に染み込んでしまう可能性があるので、タオルを敷くなどしてしっかり水気を拭き取りましょう。

3.部品の交換・洗浄・取り付け直しをする
給水ホースが劣化している場合は、給水ホースの交換を行います。
給水ホースを交換する際は、蛇口をしっかり閉めてから行いましょう。
また、接続部分のパッキンが劣化している場合も、交換をおすすめします。
汚れがひどくなっているだけならば綺麗に洗浄して取り付け直してください。
ナットが緩んでいる場合は、ナットを閉め直すことで水漏れの再発を防げます。
ナットはモンキーレンチで簡単に締め直せます。

洗濯機の蛇口トラブルは業者に相談

洗濯機の蛇口を開けっ放しにしていて、水漏れしてしまった場合、すぐに水道修理業者に相談しましょう。
水漏れしてしまったら自分で対処するのは難しく、床下の状態もチェックしなければなりません。

蛇口を毎回閉めていたのに水漏れした場合は、蛇口や給水ホース以外の部分に水漏れの原因が隠れている可能性があります。
今後、洗濯機をこのまま使い続けても問題ないか、給水ホースなどの状態は万全かを確認するためにも、プロのアドバイスは大切です。

洗濯機の蛇口の開けっ放しはNG!毎回閉めよう

洗濯機の蛇口は開けっ放しにしておくと水漏れやトラブルの原因になります。
洗濯機が水漏れを起こすと、階下にも被害が及び、修理費などが高額になる可能性があります。
給水ホースの劣化、地震の影響など、思わぬところで水漏れは発生します。
オートストッパーをつけているから大丈夫と油断せずに、毎回きちんと蛇口を閉めるようにしましょう。

万が一、洗濯機の蛇口から水漏れしてしまった場合はすぐに対処して、階下に被害が及んでいないかの確認も忘れず行いましょう。
水漏れの修理やご相談は愛知県の豊田市や西尾市、小牧市、刈谷市で実績のある早急に駆けつけるあいち水道職人までご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315