電話して相談する

水のコラム

【場所別】自分でできる漏水修理

2020年09月30日  水漏れ修理

水が漏れた際、修理作業はプロに任せなければならないと考えている方も多いでしょう。ただ、軽微な症状であれば、自分で修理できるケースがほとんどです。今回は、水漏れの発生場所別に漏水修理の方法をご紹介します。

トイレの漏水

トイレ内はパーツが多く、水漏れした場所に応じて修理方法が異なります。こちらでは、給水管・トイレタンク・便器の漏水修理の方法をご紹介します。

・給水管からの水漏れ
タンクや便器につながっている給水管は、接続部分のパッキンの劣化によって水漏れが発生します。水漏れの修理に必要な道具は以下の通りです。

●新しいパッキン
●マイナスドライバー
●モンキーレンチ
●タオル
●バケツ
●ゴム手袋

具体的な修理の手順は下記を参考にしてください。

1.水漏れ場所の下にバケツを設置し、止水栓を閉める
2.給水管の接続部分にあるナットをゆるめて取り外す
3.パッキンを新しいものに交換する
4.パーツを元に戻して完了

・トイレタンクからの水漏れ
トイレタンク内はパーツが多く、水漏れ時にはさまざまな原因が考えられますが、ここではボールタップの不良を想定してご紹介します。用意する道具は以下の通りです。

●マイナスドライバー
●モンキーレンチ
●プラスドライバー
●タオル
●新しいボールタップ

具体的な修理の手順は下記を参考にしてください。

1.タンク内の水をすべて流す
2.給水管を取り外す
3.ボールタップを固定しているナットを取り外す
4.ボールタップを新しいものへ交換する
5.パーツを元に戻して完了

・便器からの水漏れ
便器からの水漏れは、本体がひび割れして起こるケースもありますが、多くの原因は便器内部に設置された排水ソケットやパッキンの劣化です。修理に必要な道具は以下の通りです。

●交換用の排水ソケット、パッキン
●プラスドライバー
●マイナスドライバー
●モンキーレンチ
●雑巾、バケツ
●ゴム手袋

具体的な修理の手順は下記を参考にしてください。

1.止水栓を閉める
2.タンク内の水をすべて流す
3.便器内の水を抜く
4.トイレ本体を固定しているねじを外し、本体を取り外す
5.排水ソケットやパッキンを新しいものに交換する
6.パーツを元に戻して完了

ただ、こちらの修理は便器を一度取り外すため、比較的大掛かりな作業になります。不安であれば自分で行わず、プロに任せましょう。

キッチンや洗面所などの排水パイプからの漏水

キッチンや洗面所では、排水パイプから水漏れが発生することがあります。内部のパッキンやパイプそのものを交換することで解消可能です。こちらでは、ふたつのケースについてご紹介します。

・排水パイプのつなぎ目から水漏れが発生した場合
排水パイプのつなぎ目から水漏れが発生した場合、内部のパッキンの劣化が原因です。新しいものに交換して解消しましょう。用意する道具は以下の通りです。

●モンキーレンチ
●タオル
●交換用のパッキン

具体的な修理の手順は下記を参考にしてください

1.止水栓を閉める
2.排水パイプのナットを取り外す
3.内部のパッキンを新しいものに交換する
4.パーツを元に戻して完了

・排水パイプの途中から水漏れが発生した場合
排水パイプ本体から水漏れが発生した場合は、軽度であれば自分でも対応可能です。用意する道具は以下の通りです。

●自己融着テープ
●ハサミ

具体的な手順は下記を参考にしてください。

1.水漏れの位置を確認する
2.自己融着テープを適切な長さに切り、穴をふさぐ
3.水を流してみて、水漏れがなければ完了

排水パイプの途中に融着テープでは補修できないほどの穴が空いている場合は、排水パイプの交換が必要です。ただ、パイプカッターのように専門的な作業も増えるため、自分で行うのはあまりおすすめしません。症状が重度の場合は、プロに任せましょう。

蛇口からの漏水

蛇口から水漏れした場合、本体を交換することで解消するケースがほとんどです。蛇口の交換は一見難しそうですが、手順さえ覚えてしまえば誰でも交換することができます。用意する道具は以下の通りです。

●交換用の蛇口
●モンキーレンチ
●シールテープ
●歯ブラシ
●タオル

蛇口の種類によって多少手順は変わりますが、大まかな流れは以下を参考にしてください。

1.水道の元栓を閉める
2.ハンドルを開けて残留水を流す
3.蛇口を取り外す
4.ブラシで給水管の汚れを取り除く
5.交換する蛇口にシールテープを巻く
6.新しい蛇口を取り付ける
7.水を出して漏れがないか確認して完了

重度の漏水は専門業者に任せるのが安心

上記のように、軽度の水漏れであれば自分で対応できますが、原因がわからなかったり水漏れの症状が重かったりする場合は専門の水道修理業者に任せるのが安心です。
少しでも自分では対応が難しいと感じたら、すぐに止水栓や元栓を閉めて水漏れを止め、プロに連絡しましょう。万が一の事態に備えて事前に水道修理業者を選定しておくのがおすすめです。

まとめ

岡崎市や豊橋市、豊川市、西尾市など、愛知県内で水漏れにお困りであれば、あいち水道職人へご連絡ください。熟練のスタッフがすぐに現場に駆けつけ、水漏れの程度や状況から適切な対応を行います。
ご連絡から駆けつけ、見積りまではすべて無料で行っていますので、費用面が気になる場合もまずはご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315