電話して相談する

水のコラム

ウォシュレットの取り付けは自分でできる?

2020年10月28日  トイレ

温水洗浄便座(ウォシュレット)は、現在の生活に欠かせないものとなりました。なかには、故障や買い替え時に自らウォシュレットを設置しようと考えている方もいるでしょう。ウォシュレットは、正しい手順を理解したうえで必要な工具を用意すれば、DIYでも取付けが可能です。
今回は、ウォシュレットの取り付け方法を解説します。

ウォシュレットの取り付け前に確認すべきポイント

ご自宅のトイレの環境によっては、ウォシュレットを設置できない可能性があります。実際に作業を始める前に、次の3つの項目について確認してください。

・トイレ内に電源コンセントがあるか
ウォシュレットは電気を使用して作動するため、トイレ内に電源コンセントが必要です。そこで、まずは電源コンセントの有無を確認しましょう。電源コンセントがない場合は、電気工事を依頼する必要があります。ウォシュレットの設置工事を担当している業者のなかには、電気工事も請け負っている会社があります。

トイレ内に電源コンセントがない場合、廊下などから延長コードを用いてウォシュレットを設置しようと考えるかもしれません。ただ、結露や水滴がかかることにより感電や漏電が生じ、最悪のケースでは火災につながる可能性があるため控えましょう。

・便器のタイプがウォシュレットに対応しているか
便器のタイプによっては、ウォシュレットの取り付けができない可能性もあります。一般的な組み合わせ便器やフラッシュバルブ型の便器、隅付タンク式の便器では取り付け可能です。ただし、一体型トイレやタンクレストイレ、システムトイレなどでは後から設置することができないため注意しましょう。

・必要な空間が確保できているか
ウォシュレットには、設置に必要な空間の寸法が定められています。ウォシュレットのタイプに応じて異なるため、設置前に確認しておきましょう。

用意する工具は?

自分でウォシュレットの取り付けを行う場合、工具も準備する必要があります。こちらでは必ず使用する工具と、あると役立つ工具に分けてご紹介します。

・取り付けに必要な工具
取り付けに必要な工具は以下の3つです。

●プラスドライバー
●マイナスドライバー機能付きスパナ
●便座締付工具

締付工具は聞きなじみのないアイテムかもしれませんが、便座の取り付けや取り外しをする際に使用する工具です。ホームセンターやインターネット通販などで比較的安価な価格で購入できるので、ぜひ探してみてください。

・あると便利な工具
準備していなくてもウォシュレットの取り付けは可能ですが、モンキーレンチやウォータープライヤーもあると便利です。ウォータープライヤーは水道管工事や配管作業で使用され、手では行えない作業も可能にします。ホームセンターなどで販売されています。

ウォシュレットの取り付け手順

ウォシュレットは、手順を理解していれば自分で取り付け可能です。こちらでは、一般的な組み合わせ便器を例に、ウォシュレットの取り付け手順をご紹介します。

・止水栓を閉める
作業前にトイレのタンク横にある止水栓を閉めましょう。マイナスドライバーを使用して時計回りに回すと、水が出なくなります。

・便座を取り外してベースプレートを取り付ける
ウォシュレットの取り付け前に便座を取り外します。便座下のナットで固定されているため、便座締付工具を使って取り外しましょう。便座を外したら、ウォシュレットを取り付けるためのベースプレート用ゴムを差し込み、ベースプレートをネジで固定します。

・給水管を取り外す
既存の給水管を取り外します。タンク内部の金具を押さえながら、スパナでナットを緩めましょう。給水管を取り外す際、内部に残った水が漏れ出す可能性があるため、床に雑巾や新聞紙などを敷いてください。

・分岐金具を取り付ける
止水栓にウォシュレットの分岐金具を設置します。ウォシュレットに付属しているパッキンで接続しましょう。

・ウォシュレット本体を取り付ける
最後にウォシュレット本体を取り付けます。先ほど設置したベースプレートに差し込むだけなので、とくに難しくはありません。カチッと音がするまで奥に差し込みましょう。

難しいと感じたらプロに任せよう!

ウォシュレットの取り付けは、工具を準備して正しい手順で行えば、自分でも可能です。ただ、比較的手順が多く、正しく設置されていないと水漏れなどの危険性もあります。少しでも不安があれば、専門の水道修理業者に任せるのが安心です。取り付けに必要な工具やパーツを準備する必要もありません。

まとめ

ウォシュレットの取り付けは、自分でも行うことができ、専門業者に依頼する場合と比較して安価に済むというメリットもあります。ただ、水漏れなどのリスクがあり、破損した場合には追加費用が必要になるなど、デメリットもあります。自分で行うことに不安がある場合は、費用をかけても水道修理業者に依頼するのが安心です。

あいち水道職人では、ウォシュレットの取り付けだけでなく、水まわりのトラブルなどにも対応しています。名古屋市や春日井市など、県内全域に24時間365日年中無休で駆けつけますので、少しでも異変を感じたら当社までお電話ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315