電話して相談する

水のコラム

ディスポーザーの正しい使用方法を理解しよう!つまりの解消方法も解説

2020年12月27日  キッチン

近年では賃貸マンションでも標準装備となりつつあるディスポーザー。名前は聞いたことがあるものの、使い方までは知らないという方が多いのではないでしょうか。今回は、ディスポーザーの正しい使い方や、ディスポーザーを使用するうえで注意しなければならない配管つまりの対処方法をご紹介します。

ディスポーザーとは

ディスポーザーとは、キッチンの排水口に設置された生ゴミ処理設備のことです。排水口に投入された生ゴミを細かくして下水道へ流してくれるため、自宅で面倒な生ゴミ処理の手順を踏む必要がなくなります。家庭用ディスポーザーには、連続投入式とバッチ式(一括投入式)の2種類があります。それぞれ正しい使用方法を理解しておきましょう。

・連続投入式の正しい使い方
連続投入式のディスポーザーは、生ゴミの投入と粉砕を連続で行うタイプです。ディスポーザーのスイッチを入れたら、生ゴミを投入していきましょう。自動的に生ゴミが粉砕され、下水へと流されていきます。

・バッチ式(一括投入式)の正しい使い方
バッチ式のディスポーザーは、生ゴミをすべてセットしてフタを閉めてからスイッチを入れるタイプです。連続投入式と比較するとゴミの処理に時間はかかりますが、フタを閉じた状態で作業できるため、安全に処理できるのがメリットです。

ディスポーザーの使用上の注意点

ディスポーザーは便利な設備ですが、繊細な構造をしているため、取り扱いには注意が必要です。こちらでは、ディスポーザーの使用上の注意点を3点解説します。

・流してはいけないものがある
ディスポーザーは、生ゴミであれば何でも流しても良いわけではありません。種類にもよりますが、基本的に下記のようなものは流さないように注意しましょう。

〇大きくて硬い貝殻(サザエやホタテなど)
〇硬い骨(骨付き肉など)
〇トウモロコシやタケノコなどの硬い皮
〇大量の油
〇卵の殻

流してはいけないものを流すと、つまりや破損の原因となります。マンションの場合は大きなトラブルになるため注意しましょう。

・塩素系漂白剤は使用を控える
ディスポーザーの清掃には、基本的に中性洗剤を使用しましょう。漂白剤や塩素系漂白剤を使用すると、内部のパーツが腐食する可能性があり危険です。

ディスポーザーの清掃は、氷を1、2個入れて動かすときれいになります。においやぬめりが気になる場合のみ、中性洗剤を使用しましょう。

・熱湯を流すと変形する可能性がある
食器を洗う際はお湯を使用するのが一般的ですが、ディスポーザーに熱湯を流すとパーツが変形し使用できなくなる可能性があります。そのため、ディスポーザーを使用する場合は、必ずぬるま湯にしましょう。

ディスポーザーのつまりの解消方法

注意してディスポーザーを使用しても、つまりが発生することもあります。こちらでは、ディスポーザーのつまりの解消方法をご紹介します。

・ラバーカップを使用する
トイレつまりを解消する道具として知られているラバーカップですが、軽度の症状であればディスポーザーのつまりも解消できます。使用方法は、下記の流れを参考にしてください。

1.ラバーカップを排水口に強く当てる
2.ラバーカップをゆっくり押し当てて一気に引き抜く
3.つまりが解消されるまで何度も行う
4.水を流してつまりがなくなったら完了

・パイプクリーナーを使用する
ラバーカップよりも強力なのが、パイプクリーナーです。ドラッグストアやホームセンターで販売されている家庭用のパイプクリーナーでも、十分な効果が期待できます。作業手順は下記を参考にしてください。

1.排水口のフタや排水トラップを取り外す
2.パイプクリーナーを注ぎ入れる
3.指定の時間放置する
4.洗剤が流れるまで水で洗い流す
5.水を流してつまりがなくなったら完了

解消できない場合は業者に修理を依頼しよう

誤って固形物を流してしまった場合や、重度のつまりが発生している場合は、ラバーカップや市販のパイプクリーナーでは解消できない可能性があります。無理に自分で作業を行うと、かえってつまりを悪化させてしまったり、ディスポーザーの故障につながったりします。取り返しのつかない事態が生じる前に、修理業者に任せるのが安心です。賃貸物件の場合は、管理会社が契約している業者がいる可能性があるため、事前に連絡しておきましょう。

まとめ

ディスポーザーは、最近賃貸物件にも多く設置されている便利な設備です。しかし、間違った使い方をするとつまりや漏水などのトラブルにつながり、集合住宅の場合は他の住人に迷惑をかけてしまう可能性があります。これを機会に正しい使用方法を理解し、日ごろから流してはいけないものや使用できない薬品について把握しておくことが大切です。

弊社では、ディスポーザーをはじめとしたキッチンでの水道トラブルに迅速に対処しています。名古屋市や春日井市など、県内全域に出張可能ですので、お困りの際はまず当社へご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315