電話して相談する

水のコラム

お風呂の蛇口から水が出ない!故障かと思った時の対処法

2020年12月31日  お風呂のトラブル

1日の疲れを癒してくれるお風呂は、私たちにとって欠かせない大切な場所ですよね。ところが、お風呂を使っていると急に蛇口から水が出にくくなることがあります。ひどい時は完全に止まってしまうことも。一体どういうわけなのでしょうか。
詰まりなのか故障なのか、判断が難しいところです。そこで今回は、お風呂の蛇口から水が出ない時の対処法を解説します。

蛇口が故障したのかも?

お風呂のシャワーやカランから出るお湯の勢いが弱くなったり、全く出なくなったりしてしまったことはありませんか。夏場はまだよいものの、寒い季節に急にお風呂の蛇口からお湯が出なくなると大変に困りますよね。

実はこうした場合、蛇口が故障してしまった可能性があります。というのも、蛇口の耐用年数は7~8年と言われているためです。時間が経つとともにサビも発生しますから、蛇口は消耗品と考えましょう。
日本のお風呂でよく使われている蛇口は次の3種類です。

①2ハンドル混合水栓
②シングルレバー混合水栓
③サーモスタット混合水栓

聞いたことのない名前が並んでいるなと思った人もいるのではないでしょうか。
ですが、どのタイプの蛇口も誰もが一度は見たことがあるようなものです。故障かなと思ったら、浴室の蛇口はどの蛇口かを調べましょう。

2ハンドル混合水栓は右に青い印のついた水バルブ、左に赤い印のついたお湯バルブのある昔ながらの蛇口です。
2つのバルブをひねって水とお湯をほどよく混ぜ、水量や温度を調節できるという特徴があります。古い蛇口かと思われますが、現在でも浴室にこのタイプの蛇口が設置されています。

シングルレバー混合水栓は、レバーを左右に動かしてお湯と水を切り替えるタイプの蛇口です。台所でよく見かけますが、浴室ではほとんど見られません。

サーモスタット混合水栓は銭湯などでよく見かける蛇口です。 左の方に温度調節バルブがあり、湯温を調節できるようになっています。2ハンドル混合水栓のように2つのバルブを操作しなくてもよいので扱いやすいです。そのため、最近では家庭の浴室でも主流となっています。

蛇口が故障してしまう原因

蛇口が故障してしまった場合、蛇口によって様々な原因が考えられます。基本的には蛇口の中にある部品が故障してしまっているケースが多いです。家庭でも部品の交換などで対応できます。
蛇口別に故障の原因をチェックしてみてください。

①2ハンドル混合水栓
2ハンドル混合水栓のバルブがうまく働いていないと、動かせないほど固くなったりします。すると、お湯や水が出にくくなります。バルブの下にあるゴムパッキンに問題がある場合も、蛇口から出てくる水やお湯の量が少なくなってしまいます。

切り替えバルブという部品もあります。シャワーとカランを切り替えるための部品です。この部品に問題があるとお湯や水が出なくなったり、出にくくなったりします。

②シングルレバー混合水栓
まず考えられるのがカートリッジ不良です。レバーハンドル下部にあるカートリッジは、お湯と水を切り替える、お湯や水を出すなどの切り替え機能を担当しています。故障すると水しか出なくなっており、お湯が出にくくなったりします。
レバーハンドルが故障すると接続されているカートリッジが正常に機能しなくなります。

③サーモスタット混合水栓
開閉バルブユニットに問題が生じている可能性があります。開閉バルブユニットは、サーモスタット混合水栓のハンドル部分に内蔵されている部品です。文字通り水栓の開閉を調節する部品ですので故障した場合は交換が必要です。

温度調節バルブユニットはサーモスタット混合水栓にとってとても大切な部品です。 急にお湯の温度が変わったり、水しか出なくなってしまうような場合、温度調節バルブユニットの故障が疑われます。

蛇口についてこうした知識があれば、故障の原因を推察できます。新しい部品を購入し、自力で直せる場合はそれに越したことはありません。ですが、自分では無理かもしれないと思ったらぜひ業者にご相談ください。

お湯が流れにくくなったら?

さて、シャワーやカランからお湯が出なくなってしまう他にも、お風呂のトラブルはあります。多いのがお風呂の排水溝の詰まりです。排水溝が詰まると水が流れにくくなります。

水が流れにくくなると面倒ですよね。とはいえ、お風呂の排水溝は、水の流れが悪くなったと際に、家庭でもできる対処法がいくつかあります。

簡単なのは、パイプクリーナーなど、市販の液体クリーナーを使う方法です。
最初に止水栓を止めて水を流れなくします。排水溝にあるヘアキャッチャー(ゴミ受け)、フタ、排水トラップを取り外した後、髪の毛を取り除いて、商品の説明通りに詰まり除去を行います。液体を排水管に流し、付着した髪の毛などの汚れを溶かして洗浄します。30分程度放置すれば汚れが溶けてきますから、タイミングを逃さず水を流しましょう。

また、排水溝は重曹を使った方法でも掃除できます。液体クリーナーを使ったときと同様に排水溝の取り外せる部品を全て取り外した後、100gの重曹を排水溝にふりかけます。その上から粉末のクエン酸を50g流しましょう。1カップ程度のぬるま湯をかけると化学反応で泡が出てきます。すると排水溝の流れが浮き出てきますので、スポンジや歯ブラシで除去しましょう。ヘアキャッチャーなどの部品にも重曹をかけてこするとキレイになります。

重曹で排水溝を掃除する方法は安価で環境にも優しいです。その代わり手順がやや複雑ですので、他の方法と好みで使い分けてみてください。

対処が難しいときはあいち水道職人へ

お風呂のお湯が出なくなってしまったとき家庭で何とかできれば早いですが、蛇口の交換や修理は業者に依頼する必要があります。自力で対処できない水のトラブルに遭遇したら、あいち水道職人へご連絡ください。

尾張旭市の他、犬山市、津島市、長久手市など愛知県全域でキッチンをはじめとした水まわりのトラブルに対応しています。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315