電話して相談する

水のコラム

愛知で冬場の水道管凍結を防止するために

2021年01月25日  水道管

忙しい朝に見舞われやすい水トラブル

水道管は屋外に設置されている水栓をはじめ、キッチンや洗面所、浴室やトイレなど屋内で使う水道であっても、冷え込みが激しくなり、水道をほとんど使わなくなる夜間に凍結がしやすくなります。
朝起きたとき、水道管が凍結していると洗顔や歯磨きもできず、朝食やお弁当も作れず、出勤や登校にも支障が出ます。
 
愛知は雪国ではないから、凍結なんてしないと油断してはいけません。
雪が降るのは上空温度マイナス6℃以下、地上の気温3℃以下といった気象条件の時ですが、水道管は氷点下4℃以下になると凍結リスクが高まります。
つまり、雪が降らなくても寒さが厳しいときには凍結のリスクがあります。
また、気温だけでなく、水道管の設置位置や状態によっても凍結リスクに差があるので注意が必要です。
水道管が北側や日陰にある、水回りの室温が下がりやすい、水道管がむき出しになっている場合は凍結しやすいので注意しましょう。
 

もし凍結してしまったら

朝起きた時に水道管が凍結して水が出なくなった場合、どうすればいいでしょうか。
朝になって太陽が昇り、気温が徐々に上がっていけば自然と溶けて水がチョロチョロと少しずつ出るようになっていきます。
 
もっとも、洗面所など朝の身支度で使う水道が出ないと、会社にも行けない、学校にも行けないと焦るかもしれません。
出かける前に使えるようにしたいなら、タオルで水道管を包んだ状態でぬるま湯を少しずつかけるか、ドライヤーの温風を当てて溶けるのを待ちましょう。
 
直ぐにでも水を出したいと、水道管に熱湯をかけてはいけません。
熱湯をかけることで急激に温度が変化し、水道管に亀裂が入って水漏れしたり、破裂して水が止まらなくなる虞があるからです。
焦って熱湯をかけたために大きなトラブルが起きれば、それこそ、出社や登校どころではなくなるので注意が必要です。
 

気を付けたいアパート

水道管が凍結しやすいケースとして地域差や立地などもありますが、建物の構造も挙げられます。
気密性の高いマンションに比べて、一戸建てやアパートなど水道管がむき出しになっている構造の建物は同じ地域にあっても凍結リスクが高まります。
特にアパートの2階に住んでいる方は凍結によって水漏れなどが起こると、大きなトラブルに発展することがあるので注意しましょう。
 
2階で水道管凍結による破裂や水漏れが起こると、階下へと水が漏れ、階下の住人に迷惑をかけ、家電製品や家具などをダメにしてしまうことがあるので要注意です。
 
また、入居者がいないアパートの空き室も注意が必要でしょう。
水道管内に残っていた水が凍結することで、水漏れや破裂のリスクが高まるからです。
入居者が決まらない空き室で冬を迎える際は、大家さんや不動産管理会社の方が水抜きなどをしておかないと、他の住人に迷惑をかけることになるので気を付けましょう。
 

事前に行っておきたい凍結防止策

アパートの空き室をはじめ、旅行や帰省、出張など長期で留守をする際には水抜きが必要ですが、普通に生活をしている場合でも行っておきたい凍結防止策があります。
 
それは、水道管や蛇口を保温してあげることです。
屋外にある水栓をはじめ、トイレや洗面所など水回りの水道管や、むき出しになっている水道管を古くなったタオルや発泡スチロールを巻いたり、使い古したニット帽子をくりぬいて筒状にしてかぶせるなどしましょう。
わざわざ保温グッズなどを買わなくても対処できるので、直ぐにでも実践でき、費用もかかりません。
 
また、愛知で雪の予報が出たときや氷点下に下がる予報、霜注意報が出るなど冷え込みが予想される際には、夜寝る前にも凍結防止策を行うことが大切です。
 
まずは、水道の蛇口を開き、一晩、水を出しっぱなしにしましょう。
水道代が気になるかもしれませんが、ポタポタ、チョロチョロ程度でいいので、水道代がかさむ心配はありません。
常時、水を流しておくことで、水道管内に残っている水が零度以下になって凍結する機会を阻みます。
 
次にガス給湯器の凍結防止を行いましょう。
ガス給湯器内には給水管が通っているので、そこに残っている水が凍結してしまうリスクがあるためです。
追い焚き機能付きの場合は、寝ている間も追い焚きスイッチを入れっぱなしにします。
高温でガンガン沸かす必要はなく、温度は最低の35度で大丈夫です。
追い焚き機能がついていない場合は浴槽の水栓を開けたうえで、ポタポタと水の出しっぱなしを行ってください。
凍結防止装置がついているガス給湯器なら、自動機能に任せておけば問題ありません。
 

水道管の凍結にお困りなら

あいち水道職人は名古屋市、一宮市、春日井市、岡崎市、常滑市、豊橋市、豊川市など名古屋・西尾張地方から東尾張・西三河地方や東三河地方に至るまで、愛知県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
水道管の凍結をはじめ、キッチンやトイレ、浴室や洗面所の詰まりや水漏れなど水回りのトラブルでお困りの際には、あいち水道職人にお気軽にご相談ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315