電話して相談する

水のコラム

便器のヒビ割れを放置すると大変なことに!気づいたらすぐ応急処置をしよう

2021年09月14日  トイレのトラブル

築年数の古い物件に住んでいると、水回りの老朽化が進み、キッチンや洗面所、浴室、トイレなどでさまざまなトラブルが起こりやすくなります。トイレの場合は、経年劣化によって詰まりやすくなったり便器のヒビ割れが起こったりすることがあります。

便器の寿命は何年?

日本で使われている便器は、昔から陶器で作られています。今では、別の素材を使った便器も販売されていますが、まだ陶器製の便器が圧倒的なシェア率となっています。それはなぜかというと、陶器は他の素材と比べて強度が高く、経年劣化もしにくいからです。

現在、日本で使われている便器の寿命は約25~30年だと言われています。ただ、家族の人数が多いとトイレの使用回数はどうしても多くなります。耐久数に優れていると言っても、掃除の際に小さな傷が付くと、ヒビ割れに発展したり水垢によって変色したりしてしまいます。便器の傷が小さい段階で対処するか、便器を長年使っている場合は便器ごと新しいものと交換するか決めることになります。

古い便器は汚れが付きやすく、汚れが目立たないようにクリーム色のものが主流となっています。しかし、現在では汚れが付きにくいように加工されている機種も増えており、便器のカラーバリエーションも豊富になっています。使っているトイレの劣化が気になるようなら、最新機種に交換するのも1つの方法です。

なぜ便器がヒビ割れてしまうの?

家の中で水のトラブルが起きやすいのが、家族みんなで何度も利用するトイレです。「洗浄レバーを回しても水が流れてこない」「水が止まらない」「便器内で詰まりを起こした」「水漏れが発生した」といったトラブルの他に、便器の劣化によるヒビ割れも発生します。

しかし、陶器製の便器は強度に優れ、経年劣化によって急に割れてしまうことはほとんどありません。ただ、強度の高い陶器でも外的な要因については考えられていないので、便器に何かをぶつけたり無理な力を加えたりするなど、ヒビ割れてしまうこともあります。例えば、次のようなケースです。

・踏み台として便器の上に乗る
トイレの壁の上部を掃除したり、高い位置にある収納棚から物を取ったりする時に、便器を踏み台として使っている人もいるかも知れません。このような間違った使い方によって、陶器に大きな負担がかかりヒビが入ってしまいます。

・トイレタンクのフタを落とした
トイレタンク内の掃除をする際、重いタンクのフタを取り外す時に便器に落としてしまいヒビ割れてしまうケースもよくあります。

・熱湯を流した
便器がヒビ割れる原因は、さまざまです。その中でも、トイレの詰まりの対処法として熱湯を便器に流したことが原因でヒビ割れを引き起すケースが最も多いようです。

インターネット上には、「トイレットペーパーがトイレに詰まった時は、熱湯を入れると流れやすくなる」という間違った情報が紹介されています。しかし、陶器は熱に弱いので、熱湯を使うとヒビ割れを起こしてしまいます。便器には絶対に熱湯を流さないようにしましょう。トイレの詰まりを解消するには、熱湯ではなく40~60度のお湯を使いましょう。

便器のヒビ割れを確認したら応急処置をして専門業者に連絡!

便器がヒビ割れると、そこから水が漏れてくることがあります。便器の中には大量の水が溜まっているので、ヒビ割れによって水漏れすると、床が水浸しになってしまうこともあります。

特に、アパートやマンションなどの賃貸住宅では、床に浸水すると下の階にまで漏水被害が及ぶ恐れもあります。迷惑をかけるだけでなく高額な修理費用が必要になることもあるので、大きなトラブルになる前に気づいたらすぐに対処しましょう。

便器のヒビ割れで水道修理を専門としている業者に連絡した場合、安全上の理由で補修工事は引き受けてもらえないでしょう。これは、便器のヒビ割れを補修しても進行を完全に止めることはできず、継続的に安全を確保して使える保証がないからです。そのため、ヒビ割れの対処法としては、便器本体の交換しか方法はありません。

ただ、便器の交換まで時間がかかることも多いので、自分でもできる応急処置を行いましょう。まず、水漏れの被害を防ぐために止水栓を閉めてください。そして、ヒビ割れの部分から水が漏れないように、便器内の水を汲み出しましょう。また、防水パテやコーキングなどの補修アイテムを使っても良いでしょう。

便器のヒビ割れはあいち水道職人にお任せください

便器のヒビ割れは、他の水回りのトラブルと比べて修理や交換を自分で行うのは難しいと言われています。症状を悪化させないために、できる限りの応急処置をしてすぐに水道修理業者に連絡することが大切です。

愛知県で便器のヒビ割れでお悩みの方は、「あいち水道職人」にご相談ください。名古屋市のほか、豊田市や安城市、春日井市、東浦町、岩倉市、新城市、など愛知県内全域を対象に、水回りのトラブルの修理や交換を行っております。修理のご依頼は24時間体制で電話受付を行っており、365日いつでも現場へお伺いします。

「便器のヒビ割れによって水漏れが起きている」といった緊急の場合にも、お客様の元へすぐに駆けつけ、丁寧・確実に問題を解決いたします。トイレのトラブル以外にも、キッチンや洗面所、お風呂など水回りのことならどんなことでも対応いたしますので、お困りの時にいつでもお問い合わせください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315