電話して相談する

水のコラム

「スパウト」からの水漏れはパーツの劣化が原因?修理方法もご紹介

2021年02月07日  蛇口の水漏れ

家庭に設置されている蛇口には、さまざまな部品が取り付けられています。そのなかでも重要な役割を果たしているのが、「スパウト」です。今回は、スパウトの役割や故障時の対処方法などをご紹介します。蛇口回りで不具合が起きたときの参考にしてください。

スパウトから水漏れが発生!止水栓を閉めて原因を調査しよう

スパウトとは、蛇口の細長い筒状のパーツのことで、吐水において重要な役割を担っています。しかし、使用頻度が高く動かして使用することも多いため、不具合が発生するケースも珍しくありません。なかでも多いのが「水漏れ」のトラブルです。

スパウトから水漏れが発生したときは、まず止水栓を閉めましょう。水を止めずに作業をしていると、水が溢れ出して床や家財へ浸水する可能性があります。できるだけ早く止水栓を閉めて、二次被害を最小限に抑えましょう。止水栓は、蛇口の周辺に設置されています。ハンドルが付いている場合は直接回し、溝がある場合はマイナスドライバーで閉めてください。

・原因調査はナットを取り外して行おう
止水栓を閉めて水の流れを止めたら、水漏れの原因を調査します。方法としては、スパウトを固定しているナットを取り外して直接確認するのが簡単です。モンキーレンチを使用すると、ナットを取り外すことができます。もしナットが緩んでいて、そこから水漏れしている場合は、締め直すだけで改善することもあります。

ナットを取り外したら、以下の3つの点を確認しましょう。

■スパウトに取り付けられたパッキンの状態
■異物混入の有無
■蛇口のスパウトの接続部分の状態

スパウトの内側には、部品同士を接続したり動きを補助したりする、パッキンが取り付けられています。パッキンが劣化や損傷しており、本来の機能を果たせていないと、その部分から水漏れする可能性があります。スパウトからの水漏れでは、もっとも多い原因のため、入念にチェックしましょう。

また、パッキンに異常がない場合でも、ゴミや異物が挟まっていて水漏れしているケースもあります。その場合は、異物を取り除けば水漏れは解消するでしょう。

さらに、蛇口とスパウトの接続部分もトラブルが発生しやすい場所です。長年の使用により、接続部分が劣化・摩耗し、少しずつ水漏れが生じている可能性があります。接続部分の色が変わっていたり、サビや亀裂などが見られたりする場合は注意が必要です。

スパウトからの水漏れを自分で修理する方法

スパウトからの水漏れは、パッキンやスパウトを交換することで、一般の方でも修理することができます。こちらでは、作業の流れを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。作業時には、六角レンチ・ドライバー・モンキーレンチを用意しておくと便利です。

・パッキンとスパウトを交換する際の流れ
ナットを取り外してパッキンや蛇口との接続部分に異常が見られた場合は、それらのパーツを交換することで水漏れを改善しましょう。以下では、交換作業の大まかな流れをご紹介します。

1.モンキーレンチで接続部分のナットを取り外す
2.パッキンやスパウトを取り外す
3.パッキンやスパウトを新しいものへ交換する
4.反対の流れでパーツを元に戻す
5.止水栓や元栓を開けて水漏れがないか確認する

パッキンやスパウトはホームセンターなどで販売されています。メーカーや取扱説明書を確認して型に合ったものを購入しましょう。また、作業時には忘れずに止水栓を閉めてください。

スパウトからの水漏れはどう予防する?

スパウトの水漏れ予防には、定期的なお手入れが効果的です。蛇口の耐用年数は10年前後といわれていますが、メンテナンスを怠ると劣化が早まり、水漏れする可能性が高まるためです。

具体的には、普段から以下の2点を意識しましょう。

■使用後は水滴を拭き取る
■ナットの締り具合を定期的にチェックする

蛇口に付着した水滴は、放置していると水垢に変化し、内部の腐食やカビの発生を引き起こします。水道の使用後は必ず水滴を拭き取ることで、蛇口の劣化を抑えられます。

また、緩んできたナット部分から水が侵入し、内部のパーツが劣化するケースも珍しくありません。定期的にレンチを使用してナットの締り具合を確認するだけでも、水漏れ予防には効果的です。

パッキンやスパウトの交換で水漏れが改善できない場合はどうする?

パッキンやスパウトを交換しても水漏れが改善できない場合は、別の箇所でトラブルが発生している可能性があります。確実に水漏れを修理するには、蛇口本体を交換するのが効果的です。

蛇口の交換作業はDIYで行うこともできます。しかし、選んだ蛇口の種類によっては作業が難しくなるケースもあります。水回りのDIYに慣れていない場合は水道修理業者に依頼するのが安心です。どのタイプの蛇口にするか迷っている場合でも、おすすめのものを提案してもらうことができます。

まとめ

蛇口の細長いパーツであるスパウト。水が流れることから消耗が激しく、パーツが劣化や破損すると水漏れすることもあります。手順さえ理解していれば、自分でも修理することができるため、これを機会に確認しておきましょう。

犬山市や小牧市など、愛知県内で蛇口回りの水漏れの修理業者をお探しであれば、弊社にお任せください。スパウト付近で発生した水漏れの解消はもちろん、パーツの交換も熟練のスタッフが迅速に行います。交換パーツも用意いたしますので、安心してお任せいただけます。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315