電話して相談する

水のコラム

キッチンの水漏れはどこから発生する?事前に対処方法を知っておくと安心

2021年03月14日  キッチンのトラブル

キッチンで発生する代表的なトラブルのひとつが水漏れです。蛇口はもちろん、シンク下の排水管や床下の配管などで発生することも多いため、箇所や原因に応じた対処方法を理解する必要があります。

今回は、キッチンのなかで水漏れが発生する箇所別の原因や、それぞれの対処方法などをご紹介します。多くのトラブルはご自宅でも対応できるため、これを機会にぜひ理解しておきましょう。

キッチンの水漏れ箇所と主な原因一覧

キッチンの水漏れは、さまざまな箇所で発生しています。以下の表では、それぞれの箇所別に、考えられる原因を紹介しています。対処方法を考える際にも役立つため、ぜひ確認しておきましょう。

水漏れ箇所 考えられる原因
蛇口 ・パッキンの劣化
・バルブカートリッジの劣化・不具合
・パーツの緩み
・蛇口本体の劣化
シンク下の排水管 ・ゴムパッキンの劣化
・排水ホースの破損
床下の配管 ・配管の劣化、破損
・配管の緩み

 

蛇口からの水漏れは自分で修理できる

蛇口からの水漏れは、上記の通り主に4つの原因が考えられます。基本的には自分で修理できるため、これを機会に覚えておくと安心です。こちらでは、キッチンに設置されることの多い「シングルレバー混合水栓」を例に、水漏れの修理方法をご紹介します。

・パッキンの交換は比較的簡単にできる
蛇口からの水漏れでもっとも多い原因が、パッキンの劣化です。とくに、水を出している状態で水が漏れている場合は、パッキンの交換で対処しましょう。蛇口のパッキンの交換作業は、比較的簡単です。作業の流れは下記を参考にしてください。

1.ドライバーを使用してネジを外し、レバーを取り外す
2.モンキーレンチでナットを緩め、レバー下のパーツを取り外す
3.内部に設置されたパッキンを交換する
4.反対の手順でパーツを戻して完了

作業前には止水栓を閉めることを忘れないようにしましょう。止水栓が見当たらない場合は、元栓でも構いません。
 
 
・バルブカートリッジは取り付けの向きに注意して設置しよう
蛇口を閉めた状態でも水漏れが続く場合は、バルブカートリッジの不具合が原因と考えられます。バルブカートリッジとは、水量や水温を調整する部品です。ホームセンターやインターネット通販などで販売されているため、余裕がある場合は自分で交換してみましょう。購入する際は、現在のカートリッジと同じ型番を選ぶようにしてください。

作業手順は、バルブカートリッジの取扱説明書に従うのが安心です。取り付けの向きを間違えると、水とお湯の切り替えが反対になってしまうため注意しましょう。
 
 
・パーツの緩みは締め直しで対処しよう
上記の作業中、接続部のボルトやナットの緩みを感じた場合は、それが水漏れの原因となっている可能性があります。モンキーレンチなどを使用して、緩んでいたパーツを締め直しましょう。締め直しで水漏れが改善した場合は、パッキンやバルブカートリッジの交換は必要ありません。
 
 
・水漏れが改善しない場合は蛇口の交換が必要
すべての方法を試しても水漏れが改善しない場合は、蛇口本体の交換が必要です。作業の流れは少し複雑になりますが、DIYでも交換できるため、水回りの作業に慣れている方は取り組んでみましょう。

1.チューブカッターなどを使用して給湯管と給水管を取り外す
2.止水栓をモンキーレンチで交換しながら逆止弁を取り外す
3.蛇口本体を交換する
4.反対の手順で部品を元に戻す

作業の流れは上記の通りですが、補強材が腐食している場合には別の作業が発生します。取り付け手順や方法を間違えると、二次的なトラブルにつながる可能性もあるため、少しでも難しいと感じたら水道修理業者に依頼するのが安心です。

シンク下の水漏れはパッキンの交換で対処しよう

シンク下の排水管からの水漏れは、トラップのシンクのつなぎ目にあるゴムパッキンの劣化が原因となっているケースがほとんどです。蛇口の場合と同様、比較的手軽に交換できるため、できるだけ早く修理を行いましょう。作業の手順は下記の通りです。

1.止水栓や元栓を閉める
2.排水管の下にバケツや新聞紙を敷く
3.トラップ下部ナットをモンキーレンチで緩める
4.排水パイプとトラップを取り外す
5.ゴムパッキンを新しいものへ交換する
6.反対の手順でパーツを戻し、水漏れがないか確認する

シンク下で作業をする際は、排水管内に残った水が漏れ出す可能性があるため、必ずバケツや新聞紙を用意しましょう。

床下から水漏れは水道修理業者に依頼しよう

床下の配管で不具合が発生し、水漏れした場合は、基本的に自分では対処できません。できるだけ早く水道修理業者に連絡し、対応してもらいましょう。

応急処置として水道の元栓を閉めておくのが効果的です。また、床が濡れている場合は雑巾で拭き取るだけでなく、エタノールなどを使って除菌するのが理想です。

まとめ

弊社は、キッチンをはじめとした水回りの水漏れ・つまりなどのトラブルを解消する、プロの水道修理業者です。ご自宅で発生したトラブルに迅速に対応しますので、豊田市や碧南市、高浜市など、愛知県内でお困りであればすぐにご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315