電話して相談する

水のコラム

トイレつまりの原因と解消法

2021年05月14日  トイレのトラブル

誰もが一度は経験する「トイレつまり」

トイレがつまって流れずに困ってしまった、という経験は誰もが一度は経験してもおかしくないトラブルです。トイレがつまる原因はさまざまですが、基本的にはラバーカップなどの道具で解消できるでしょう。しかし、つまった原因によっては状態を悪化させてしまう可能性があります。今回はトイレつまりの原因と解消法をお伝えします。

トイレの入り口(排水トラップ)付近で起こるつまり

トイレつまりの大半はこの「排水トラップ」と言われる部分を何かしらが通り抜けられずにつまるものです。排水トラップは分かりやすく言えば、水を流したときにトイレットペーパーなどが流れていく部分のことです。奥側を目で見て確認することはできませんがS字状になっており、常に水が溜まっている部分でもあります。

この排水トラップ部分は通常、野球のボールを二回りほど狭めたくらいの広さしかありません。普通に使用する分にはその程度の広さで問題ないのですが、たとえば排泄物の量が多いなど、トイレットペーパーの量が多かっただとか、トイレットペーパーではない紙をそういった要因が重なって結果としてトイレつまりが起こります。

また、うっかりトイレにモノを落としてしまってつまったというケースもあります。ポケットに入れておいたスマートフォンが落っこちた、顔にかけていた眼鏡が流すときに落ちた……センシティブな話ですが、最近ではナプキンやタンポンなどの生理用品がトイレ内に落ちてしまったというケースも増えているのです。

また、幼いお子さんがいるご家庭では子どもがおもちゃを落としたりしてつまるといったことも考えられるでしょう。排水トラップでのトイレつまりは「排泄物やトイレットペーパーなどの量が多くて」つまった場合と、「何かしらのモノをトイレ内に落として」つまった場合の、おおよそ2パターンに分類できますが、すべてラバーカップで解消できるとは限りません。

トイレつまりの解消

トイレがつまったとき、誰しも真っ先に思い浮かべる解決方法は「ラバーカップ(スッポン)」でしょう。これはトイレの排水トラップにラバーカップのへこんでいる部分を押して、引いて、圧力をかけてつまっている内容物の向きを変えたり形を崩したりすることでつまりを解消し、流れを生み出す道具です。少しの刺激で形が崩れる排泄物やトイレットペーパーが原因のトイレつまりに対して、ラバーカップはとても効果的でしょう。

しかし、これがモノを落としてしまった場合になると話が変わってきます。落としてしまったモノは形が崩れない、トイレットペーパーなどと比較して固いモノがほとんどでしょう。排水トラップにつまってしまっている時点で、ラバーカップでどれだけ形を崩そうと向きを変えようと流れてくれる可能性は低いです。

そういった場合はラバーカップを使うより前に落としたモノを取り出すことが大切です。抵抗感は強いでしょうが、つまったままにしておくわけにもいきません。ゴム手袋か、無いようであればビニール袋(不安であれば二重にすると安心です)を、ゴム手袋代わりにして落としてしまったモノを取り出しましょう。

取り出す前にバケツや、あるいは不要なプラスチック製の入れ物を用意しておくと便利です。落としたモノが排水トラップの奥に入り込んでしまっている場合は、手鏡などを用いて奥を確認できます。

落としたモノを取り除いてから、ようやくラバーカップの出番です。ラバーカップを使い始める前に、もしご自宅のトイレに自動洗浄機能があるならコンセントを抜いておいてください。つまっているときに自動洗浄機能が働いてしまった場合、そのまま水があふれかえってしまう可能性があります。ご自宅にラバーカップがない場合はゴム手袋をはめてビニール袋に手を入れ、便器内の水を押し引きすることでラバーカップの代用ができます。

排水トラップ以外でのトイレつまり

トイレつまりの原因は排水トラップ付近がほとんどですが、それ以外が原因でのつまりも稀に存在します。それが経年劣化などで起こる、配管などトイレ内設備破損によるつまりです。その多くはボールタップと呼ばれる給水弁の不良でしょう。

ボールタップとは浮き球と呼ばれるものを上下に動かすことで、水の出し止めを制御しているパッキン部のことです。このボールタップは消耗品のため、交換するのが最も有効な対処法でしょう。

他の例としてはトイレタンク内の部品不良が原因でタンク内の水量が少ないだとか、配管内に蓄積された尿石によって排泄物が進まなくなるなどの原因もあります。これらが原因で起こってしまったトイレつまりを素人が直すのは非常に困難です。排水トラップ付近以外が原因でのトイレつまりが疑われた場合、速やかに修理業者へ依頼してください。

あいち水道職人では、豊田市の他、名古屋市、岡崎市、一宮市、安城市など愛知県全域でトイレのつまりをはじめとした水まわりのトラブルの解消に尽力しています。お客様からお電話一本でスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応いたします。水漏れやつまりなどでお困りであれば、ぜひ当社にご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315