電話して相談する

水のコラム

トイレの床が水浸し!便器から水漏れしている?原因は何?

2021年07月07日  トイレのトラブル

トイレで起こる水回りのトラブル

水を使っている設備では水漏れなどのトラブルがつきものであり、お手洗いでもそれは変わりません。

排泄物などを流す場所であり、その水が漏れるのはあまり嬉しくない事態であるものの、残念ながらその事例は少なくないのです。

たとえば、いつもと同じように用を足そうとドアを開けると、床が水浸しだったといった事例などよくあります。
今回はお手洗いの床がひどく濡れているといったトラブルについてご紹介します。

原因は便器?水漏れの仕組みについて

状況から考えて、便器が怪しいように感じることが多いでしょう。
実際にそこから水が漏れることがあります。
日頃あまり意識されないものの、便器は一般的に陶器で作られているため、割れることがあります。

完全にバラバラになりはせずとも、便器のヒビが原因の場合があるのです。
見た目ではわからないほどのわずかな隙間でも、水が漏れるには十分なことがあるため、壊さないように日頃注意して使わねばなりません。

・便器のヒビの原因について

一般的な陶器同様、強い衝撃などが加わると割れる恐れがあります。
もちろんお皿などの小物よりはるかに大きくて分厚いため、少々の衝撃で簡単に壊れることはありませんが、原則的には割れ物であることは忘れず、大切に使ってください。

衝撃などよりも気を付けたいのが、熱湯をかけることです。
素材によって耐えられる温度には違いがあり、許容温度を超える環境に置かれると、驚くほどあっさりと壊れます。

お手洗いに使われている一般的な便器は熱湯に耐えられず、もしかけた場合はヒビが入ることが多いのです。
見た目にも頑丈そうで、多少の衝撃には実際に耐えられるため、少々のことでは壊れないと思われがちですが、このように控えたほうがよい行為があります。

流した紙が詰まったときなど、熱湯を流せば溶けやすいと考えて流してしまう事例があるため、十分に注意してください。
そのほか、余ったお湯などを捨てる場所に困り、手近にあったお手洗いに流すなどの行為にも注意が必要です。
 
 

・その他の原因について

便器をよく調べても、ヒビらしきものや水が漏れている箇所が見つからない場合、原因は別の可能性があります。
たとえば便器と床の間から水が漏れており、一見すると便器の問題だと思えるケースがあるのです。
この場合、本当の原因は床下にある配管であり、そこが経年劣化で割れるなどし、水が漏れて床に滲み出てきたといったケースがあり得ます。

また、実は激しい結露によるもので、どこからも水は漏れていなかったといったケースもあります。
関連する事例として、これらもあわせてチェックされておくとよいでしょう。

ひとまず応急処置を施そう

結露の場合はよいのですが、実際にどこかから水が出ている可能性が高い場合、応急処置として水を止めましょう。
大量の水があふれると住まいに甚大なダメージを与えかねません。
床下が腐ってしまうと人が歩いた際に床が抜ける恐れもあり、修繕工事をせざるを得なくなる恐れがあります。

もし賃貸物件でそれが起きた場合、家主との間で修繕費を巡るトラブルに発展する恐れもあるのです。
さまざまなトラブルの原因であるため、急いで水を止めてください。

お手洗いの室内に専用の給水管が備わっていることが多いため、それを閉めればひとまず水は止まります。
室内にある専用の給水管やその閉め方などがわからない場合、住まい全体の止水栓を一度閉め、そのあとで落ち着いて対応するのも一つの方法です。

そして住まいに残るダメージを少しでも減らすため、汚れてもよいタオルや雑巾などで水気をしっかり拭き取ってください。
あわせて、お手洗いの窓やドアなどは開け放しておき、少しでも乾燥させるとよいでしょう。

トイレの修理は緊急でも可能?

便器を中心にどこかの部分に問題がある場合、水回りのプロによる修理や交換がおすすめです。
一部の業者では緊急対応も可能であり、365日、24時間対応しているので、連絡すれば夜間でもすぐに駆け付けて必要な対応を行います。

設備全体の造りや、そこで起こるさまざまな問題に精通しているので、現地の状況を確認すれば問題の場所を速やかに特定できます。

現状のまま修理ができるなら修理を、その設備を入れ替えたほうが良い場合は交換をと、それぞれ必要な対応もあわせて実施できるので、状況によってはその場で設備が復旧することも珍しくありません。

交換品の用意など少し時間がかかる場合でも、できる限り早く復旧できるよう最大限努力するので、間もなくご家庭のお手洗いをまた使用できるようになります。

早く連絡すればそれだけ解決も早まるため、トイレの水漏れなどに気づいたらプロへの相談を早めに考えることが大切です。

緊急で直したいトラブルはあいち水道職人までご依頼ください

あいち水道職人は、豊田市、名古屋市、犬山市、小牧市、東海市、岩倉市など、愛知県の全エリアでさまざまな水回りの困りごとを解決しています。

毎日いつでもご相談を受けており、連絡をいただければ速やかに現地へ赴き、トラブルの詳細を調べます。
今回ご紹介したトイレのトラブルはもちろんのこと、キッチンやお風呂などその他の部分も含めて、困りごとがあればぜひご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315