電話して相談する

水のコラム

トイレタンクの中で発生する水漏れの原因と、その対処法

2021年08月07日  トイレのトラブル

トイレタンク内で水漏れが発生した場合、考えられる原因はいくつかあります。
まずは、その原因を確認して、それに適した対処法を行いましょう。

トイレタンク内の水漏れ原因の見極め方

トイレタンクの中には複数の部品があるので、ひと目で原因を特定するのは難しいですが、次の方法である程度の判断はできます。

1.トイレタンク内に水が流れてこないように止水栓を閉めます。

2.止水栓を閉めてすぐに水漏れが収まった場合、水漏れの原因は「ボールタップ」か「オーバーフロー管」にあります。

3.水漏れが収まらない場合は、「ゴムフロート」が原因だと考えられます。

それでは、水漏れ原因として多い、ボールタップと、オーバーフロー管、ゴムフロートの対処法を紹介します。

ゴムフロートやチェーンの経年劣化が原因の水漏れ対処法

ゴムフロートはトイレタンクの中の“栓”のような役割をしていますが、劣化が進むと水漏れの原因となります。
また、洗浄レバーと繋がっているチェーンの劣化も水漏れの原因となります。

・ゴムフロートの交換方法

1.給水管の接続部分の辺りにある止水栓を閉めます。マイナスドライバーを使って時計回りに回すと閉まります。

2.作業を行いやすいように、洗浄レバーをひねってタンク内の水を全て流します。

3.一般的に、ゴムフロートはオーバーフロー管とレバーハンドルのフックで固定されています。
オーバーフロー管から先に取り外して、次に、レバーハンドルに接続してあるフックを外してチェーンごと持ち上げて取り外します。

4.新しいゴムフロートをオーバーフロー管側に取り付けてから、チェーンをレバーハンドルに引っ掛けて取り付けます。

5.新しいゴムフロートのチェーンの長さが、トイレに合わないこともあります。
その場合は、レバーハンドルをひねった状態で、ゴムフロートが開くようにチェーンの長さを調整しましょう。

6.止水栓を開けて、水漏れが直ったかどうかを確認できたら完了です。

ボールタップのパッキンの経年劣化が原因の水漏れ対処法

ボールタップはトイレタンク内の水位を調整するためのものなので、これが正常に動かないと水漏れの原因になります。

トイレタンクとボールタップとの接続部分にはパッキンが使われており、これが劣化しているとボールタップが正常に動かず、水漏れを引き起こします。
この場合、パッキンを交換すれば水漏れを解消できますが、長年使っているトイレの場合はボールタップごと取り替えた方が安心です。

・ボールタップパッキンや本体の交換方法

1.止水栓を閉めて水が流れないようにし、タンク内に残っている水は洗浄レバーをひねって全て流しておきます。

2.給水管とボールタップは直接繋がっているので、給水管のナットを緩めて外します。

3.ボールタップを固定しているナットや給水管側のナット、手洗い管側のナットなどを取り外しましょう。
これで、ボールタップが取り外せる状態になります。

4.パッキンやボールタップ本体を交換しましょう。
ボールタップにはパッキンが取り付けられているので、原因を特定できない場合は本体ごと交換するほうをおすすめします。

5.元に戻したら止水栓を開けて、水漏れが直ったかどうかを確認しましょう。

オーバーフロー管の破損が原因の水漏れ対処法

オーバーフロー管は、トイレタンクから水があふれないように、タンク内が一定以上の水位になったときに便器へ水を逃がすための部品です。
オーバーフロー管に不具合があると、水漏れが起きてしまうので、その場合にはオーバーフロー管を交換する必要があります。

・オーバーフロー管の交換方法

1.止水栓を閉めて水が流れないようにし、タンク内の水を全て便器へ流しておきます。

2.タンクを一度取り外す必要があるので、給水管とタンクを接続しているナットをモンキーレンチで外して、給水管を取り外します。

3.トイレタンクはトイレ本体とナットで固定されているので、タンクの裏底にある2つのナットを外します。

4.タンクをトイレ本体から取り外します。
トイレ本体やタンクは陶器でできているので、ぶつけたり下に落としたりすると割れてしまいますから、慎重に真上に持ち上げて取り外してください。

5.オーバーフロー管をタンクに固定しているナットを取り外します。
ナットはタンクの裏底にあるので、ウォーターポンププライヤーを使うと便利です。

6.このナットを外せば、オーバーフロー管を交換できます。
タンクを元に戻したら完了です。

原因がわからない、修理できないと思ったら水道修理業者に相談

今回は、トイレタンクから水漏れが発生した時の原因と、その対処法を紹介しました。
水漏れに気づいた時は、まずどこから水漏れが起きているかを確認して、適切に対処することが大切です。

しかし、トイレタンクからの水漏れはここで紹介した原因の他にもいくつか考えられ、素人ではなかなか原因を特定できないことがあります。
また、トイレタンクを取り外したり、部品を分解して交換したりする作業は、修理に慣れていない人にとっては難しいでしょう。

水道修理業者に依頼すると修理代がかかるので、できることなら自分で修理したいと思うものですが、失敗すると水漏れが悪化して修復不可能になることもあります。
そのため、自分で修理できないと思ったら、早い段階で水道修理業者に相談することをおすすめします。

愛知県の水回りのトラブルはあいち水道職人へ!

「あいち水道職人」は豊田市や稲沢市、知多市、尾張旭市、日進市、東海市などの愛知県内の全域に対応している水道修理業者です。

修理のご依頼は24時間、年中無休でお受けしており、水道修理に詳しいスタッフが丁寧に対応いたします。
お客様のお宅へお伺いするのは、高い技術と知識をもった経験豊富なプロのスタッフです。初めての方も安心してご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315