電話して相談する

水のコラム

排水溝に物を落とした!どう対応すればいい?

2021年08月13日  洗面所の直し方

日頃気を付けていても、うっかり排水溝に物を落としてしまったという経験がある方も少なくないのではないでしょうか。特にアクセサリー類などの細かいものは落ちてしまうことが多く、取り出せないことはもちろんですが、排水溝が詰まってしまうリスクもあるため避けたいものですよね。今回は排水溝に物を落としてしまった場合、どう対応すればいいのかについてご紹介いたします。もし排水溝に物を落としてしまった場合はぜひ、参考にしてみてください。

うっかり排水溝に物を落としてしまった場合にすること

排水溝にアクセサリーなどの大切な物を落としてしまったときは、無事に取り出せるように正しい対処法を取ることが大切です。また、ゴミなどの不要な物を落としてしまった場合にも、そのまま放置してしまうと、排水管の詰まりや破損によって水漏れなどのトラブルに発展する可能性があります。そのため、大切な物だけでなく、不要な物を落としてしまった場合にも、以下にご紹介する対処法を実践してトラブルを防ぎましょう。

・すぐに水を止める
まず、水道を使っている最中に排水溝に物を落としてしまった場合は、直ちに水を止めましょう。排水溝の奥にある排水管には、排水トラップという装置があります。排水トラップとは、水を流しきってしまわずにあえて溜めておくことで、下水道からの悪臭や害虫が屋内に入ってこないように防ぐための装置です。排水溝に物を落とした場合、大抵は排水トラップ付近に引っかかる場合が多く、自力で取り出すことできます。

もし物を落としたときに水を流し続けてしまうと、落とした物が排水トラップよりも奥の方へと流れる可能性があり、自力で取り出すことは困難になります。取り出せないからといって放置していると、排水管が詰まるなどの大きなトラブルの原因になるので、いらない物を落としたときでも流しきるのは避けましょう。

・どこに落ちたのかを確認する
落とした物がどの辺りにあるかによって適切な対処法が異なるため、排水溝を覗いて、落とした物の位置を確認しましょう。落とした場所ごとの適切な対処法は以下の通りです。

・素手で取り出す
落とした物が排水溝から見える範囲にある場合は、ゴム手袋などを着用し、手でそのまま引っ張って取り出せる可能性があります。手や指が届くのであれば、素手で取るのが最も手っ取り早い方法です。ただし、排水溝の構造や落とした物の引っかかり方によっては、たとえ見える位置にあってもなかなか取り出せないこともあります。そのような場合は、無理して引っ張ってしまうと排水溝の破損につながる恐れがあるため、無理はしないようにしましょう。

・割りばしとセロハンテープで取り出せることがある
落とした物が見える位置にあるけれど手や指では届かないという場合や、落とした物が排水溝に隙間なくはまっている場合などは、割りばしとテープを使って取り出せることがあります。

割りばしの先端に、粘着力が強いセロハンテープの粘着面が外側にくるように貼りつけるか、両面テープを巻きつけて、落とした物に粘着面を押しつけ、くっつけて引き上げるという方法です。ただし、排水溝に残った水で粘着面が濡れてしまうと粘着力が弱くなってしまうため、落とした物にうまくくっつきそうにない場合はおすすめできません。

奥にある物を無理して取ろうとすると、割りばしを落としてしまう心配もあるため、無理は禁物です。穴が開いても問題ないものであれば、錐などで刺して取り出す方法もあります。その際には、セロハンテープや両面テープで引き上げる場合と同様に、錐などの穴を開ける道具を落としてしまわないように注意しましょう。

また、穴を開けようと無理をして、より奥の方に物が落ちてしまわないように注意する必要もあります。難しい場合は、無理をせずに専門の水道業者に連絡をして対処してもらうようにしましょう。

・排水管を分解する
排水溝を覗いても落とした物が見当たらない場合は、排水トラップに引っかかっている可能性が高く、排水管を分解すれば自分で取り出すことができます。分解と聞くと、大掛かりで難しそうな作業に感じるかもしれませんが、実際には排水管に固定されたネジやナットを順に外していくという単純な作業です。

ネジやナットを取り外すには、ドライバーやモンキーレンチがあれば対応できます。分解作業の大まかな流れは、排水トラップに溜まった水のこぼれに注意しながら排水パイプを取り外し、落とした物が取り出せたら排水管を再び元の状態に戻すというものです。排水管の分解方法については、次の章でさらに詳しくご紹介するので参考にしてみてください。分解や組み立てに自信がない場合は、無理をせずに専門の水道業者に依頼しましょう。

排水管を分解する方法



排水溝に落とした物が見える位置にないときには、排水トラップに引っかかっている可能性が高いため、排水管を分解してチェックしましょう。排水管を分解する方法について以下に詳しくご紹介します。

・必要になる道具
排水管を分解するときには、次のような道具が必要になります。

●軍手またはゴム手袋
●バケツ
●新聞紙
●雑巾
●ドライバー(ネジで固定されている場合)
●モンキーレンチ(金属のナットで固定されている場合)

ドライバーやモンキーレンチが必要な場合は、ホームセンターや通販サイトなどで購入できます。ただし、排水管に取りつけられている固定器具が、金属のナットではなく樹脂製のナットであれば、道具を使わずに手で回して外せる場合もあるので、分解作業を行う前に手で回して緩められそうかを確認しておきましょう。

・下準備をする
排水管を分解する前に、まずは作業中に水が流れないように止水栓をしっかりと締めてください。排水パイプを取り外すと中に溜まっている水がこぼれる恐れがあるため、周囲に置いている物をすべて移動させ、床に新聞紙や雑巾を敷いておきましょう。また、排水パイプ内の汚水が床にこぼれないようにするために、汚水を入れるバケツも用意しておく必要があります。

・排水管を分解する方法
排水管に取りつけられているネジやナットを順番に緩め、外していきます。樹脂製のナットであれば、手で回して外すことができますが、金属製であればドライバーやモンキーレンチを使って取り外しましょう。固定部分を緩めたら、水漏れに注意しながら排水パイプを排水管から引き抜き、バケツに汚水を流してください。

出てきた汚水の中に落とした物がないか確認し、もし見当たらなかったら排水パイプ内をチェックします。このとき、排水トラップの曲がった部分に落とし物が残っている可能性も高いため、念入りに確認しましょう。落とし物が無事に取り出せたら、排水パイプを元の状態に戻して水を流し、水漏れなどのトラブルなく水道が使えるかを必ず確認してから作業を終えてください。

・排水管の中に物がなかった場合
排水管を分解しても落とした物が見つからなかった場合は、次のような可能性が挙げられます。

●排水管のどこかに引っかかっている
●排水ますまで流れている
●下水道まで流れている

排水管を流れる水は、排水ますという水が溜まる構造の部分まで流れた後、排水本管、そして下水道管へと流れていきます。落とした物が排水トラップを越えて流れてしまった場合、排水管、排水ます、下水道のどこにあるのか自力で特定して取り出すことは非常に困難です。排水管や排水トラップの中に落とした物を発見できなかった場合は、業者に除去作業を依頼しましょう。

排水溝に物を落とした際に気を付けたいこと

排水溝に物を落としてしまったときは、トラブルに発展させないためにも、適切な対処をとることが重要です。ここでは、排水溝に物を落とした際、特に注意すべきことについてご紹介します。

・放置は厳禁
水に溶けない物を排水溝に落としてしまった場合は、たとえゴミなどの不要な物や小さな物であっても、放置することは厳禁です。そのままにしておくと、排水管の詰まりや破損などにつながる恐れがあり、場合によっては高額な修理が必要になる可能性もあります。また、集合住宅の場合は、排水管が破損して水漏れが起きると、階下への漏水被害など大きなトラブルに発展する可能性もあります。排水溝に落とした物はそのままにせず、必ず取り除きましょう。

・鋭利なものを使わない
排水溝に落ちた物を取り出すときに、針金などの鋭利なものは使用しないようにしてください。針金などで無理に排水溝を探ると、落とした物をさらに奥へ押し込んで、余計に取り出しにくくしてしまう可能性があります。また、排水溝や排水管を傷つけてしまうと、破損や水漏れの原因にもなるので、排水管を傷めるような無理な対処はしないようにしましょう。

・できるだけ水道を使わない
排水溝に物を落とした際に水を流すと、落とした物が奥に流れて余計に取り出しにくくなります。排水管の分解や業者への依頼が必要で、今すぐには対処ができないという場合でも、できるだけ水道は使わないようにしましょう。

・掃除機で吸い込むことは避ける
排水溝に落とした物を、掃除機を使って吸い上げるという方法は、掃除機への負担や事故のリスクを考えるとおすすめできません。落とした物が掃除機で取れそうな位置にあっても、水や水分を含んだゴミなどを吸い込むことで、故障やショート、漏電、発火などが起きる可能性があり、大変危険です。掃除機は使わずに、他の方法で対処しましょう。

日頃から物を落とさない工夫をしよう

そもそも物を排水溝に物を落とさないように工夫することも大切です。ここでは、簡単に実践できる対策についてご紹介します。

・小さな物は排水溝の近くに置かない
まず、サイズが小さい物ほど落としたときに排水溝にそのまま入りやすいため、小さな物は排水溝の近くにはなるべく置かないようにしましょう。排水溝に落としやすい小物は次のような物が挙げられます。

●アクセサリー
●ヘアピン
●歯ブラシ
●歯磨き粉などのキャップ
●コンタクトレンズ
●ペットボトルのキャップ

洗面台やシンクで使う小物だけでなく、身につけているアクセサリーを落としてしまう可能性もあります。水道を使うときは、指輪などのアクセサリー類を外すように心掛けましょう。

・グッズを使う
水回りでは特に手が濡れて滑りやすく、気を付けていてもうっかり物を落としてしまうことがあります。そのため、万が一物を落としてしまっても、排水溝の中には落ちないように落下防止のグッズを活用するのがおすすめです。排水溝に物が落ちるのを防ぐグッズには、次のようなものがあります。

<ヘアキャッチャー>
ヘアキャッチャーとは、洗面台やお風呂場の排水溝に設置するグッズです。名前の通り、髪の毛やゴミを受け止めて流さないようにし、排水管の詰まりを予防する効果があります。また、髪の毛以上の大きさも受け止めることができるため、もし小物を落としても安心です。価格も安価なだけでなく、取り扱っている場所も多いため、すぐにでも対策として導入することができます。

<排水溝カバー>
排水溝カバーとは、シンクの排水溝に設置して、生ゴミなどが流れていくのを防ぐグッズです。さまざまな素材やデザインのものがあり、カトラリーなどの落下防止に適したタイプもあります。排水溝カバーもヘアキャッチャーと同様に、100円ショップやホームセンター、通販サイトなどで購入することができます。ご家庭の排水溝のサイズに合ったものを選び、活用してみてください。

まとめ

排水溝に物を落としてしまった場合は、放置せずに適切な対処をすることが大切です。物を落としたら水を流さないようにして、ご紹介した対処法を参考に、取り出せるか試してみてください。排水管を分解する自信がない場合や、自力で取り出すのが難しい場合は無理をせず、早めに専門の水道業者に相談しましょう。愛知県での水道トラブルにお困りの際には、あいち水道職人にお任せください。24時間365日、いつでも受付させていただきます。まずはお気軽にご連絡ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315