電話して相談する

水のコラム

床などに発生する水漏れの原因と対処

2021年10月06日  水漏れトラブル

水漏れが起きると

屋内で水漏れが発生すると、カビが生えるなどの被害を誘発するだけではなく、家屋の老朽化を進行させる原因にもなります。

特にマンションなどの借り家に住んでいる場合は、近隣トラブルを引き起こしたり、賠償責任を問われたりしかねません。
水漏れが起きたらどうするべきか、また何が原因で起こっているのか、ケースごとに以下で解説していきます。

床の水漏れ

床が水漏れする主な原因は、水道管・排水管の老朽化や破損です。
その他床暖房などが原因となる場合もありますが、珍しいケースに該当するためここでは割愛します。

・排水管の水漏れ

キッチン周りの排水管にはものが詰まりやすいため、比較的水漏れを起こしやすいと言えるでしょう。
排水管の破損が原因の場合は、新たに水を流さないようにすることで、一時的にですが被害を食い止められます。

・水道管の水漏れ

水道管が原因となっているときは水を使っていなくても漏れが発生します。
水道管には蛇口まで水を供給するため常時高い圧力がかかっており、どこかに破損があると圧力を逃がそうとして水が噴出するためです。

そのためヒビが入っているときはもちろん、連結部分のナットが緩んでいるだけでも水漏れが起きるケースがあります。
ナットの緩みは締め直すことで対処できますが、ヒビがある際は補修テープなどが必要になるでしょう。

テープはホームセンターなどで販売されていますので、一つは用意しておくと不慮の事態にも安心です。
また、水道は使用できなくなりますが、栓を閉めるのも有効な対処の一つです。

・補修テープの使い方

水道管と排水管どちらの場合であっても、水を使用しないことで応急処置になりますが、管に残った水は排出され続けます。
その場合は補修テープを使い、漏れが起きている箇所を修繕するのが良いでしょう。

ポイントは巻く前に汚れを拭き取ること、きついくらいに何重にも巻くことです。
緩めに巻くと、テープの隙間から水が漏れてしまいますので注意してください。
テープにはさまざまな種類がありますので、目的に沿った商品を使いましょう。

天井の水漏れ

天井が水漏れする原因は水道管の破損以外に、雨漏りなどがあります。
集合住宅に住んでいる場合は、上階からの水漏れも考えられるでしょう。

どのケースでも、まずは水が落ちてくる場所の安全確保を行ってください。
その後、雨漏りが考えづらいときは水道管の元栓を閉めましょう。

上階からの水漏れが疑われる場合は、管理会社などに対応してもらうのが無難です。
自分で対応する場合は無用なトラブルを招く恐れもありますので、くれぐれも気をつけてください。

注意すべきこと

屋外で水漏れが起きていて、あまり実害がないと思われる場合でも注意が必要です。
水道管が破損していると、常に水を使い続けているのと同じ状態となっている場合があります。
水道料金がかさむのはもちろん、見えないところで家屋の老朽化が進行する事態になりかねません。

また、心当たりがないにもかかわらず水道料金が高くなっている場合も気をつけてください。
水道管に問題が起きていることも考えられるため、一度業者に点検してもらいましょう。

被害が出てしまったら

それでも水漏れが発生し、何らかの被害を受けた・与えてしまった場合は、保険が適用される可能性があります。
ケースによって対応する保険は異なりますので、以下を参考にしてください。

・持ち家の水漏れ

自分の不注意、または予測可能な事故であった場合を除き、火災保険の対象内となります。
たとえば台風の被害を受け、雨漏りが発生した場合などはこのケースに該当するでしょう。
注意点として、保険金を請求できる期限は発生より3年と定められています。

ただし保険会社によって期限が異なる場合もありますので、事故が起きたらすぐに申請することが重要です。
なお、火災保険の使用によって保険料が上がることは基本的にありませんので、安心して利用してください。

・借り家の水漏れ(自責)

入居の際、火災保険とセットで契約している賠償責任保険の水漏れ補償によってカバーされます。
これは「契約内で原状回復の必要があるもの」のみが対象なので、被害を受けた家電などは補償されません。

ただし、自分以外の入居者が持っている家電に被害を与えてしまった場合には、そちら側の火災保険によって補償されるケースがあります。

・借り家の水漏れ(他責)

水漏れを起こした側の賠償責任保険によって補償されます。
自然災害の場合は大家さんなど、建物の管理者が契約している火災保険の対象になる場合がほとんどです。

原則的にこちらからの支払いの義務はありませんが、保険によって範囲はさまざまなので、一度契約を確認しておくと良いでしょう。

水のトラブルはあいち水道職人へ

水のトラブルでお困りのときは、ぜひともあいち水道職人にご連絡ください。
名古屋市、豊田市、尾張旭市、岡崎市、瀬戸市、豊橋市、知多郡東浦町、武豊町、阿久比町、美浜町、南知多町などの地域で、経験を積んだ職人が365日丁寧に対応いたします。

トイレやキッチンの水漏れ、お風呂場などのトラブルにも、すぐにスタッフが駆け付けます。
その他、機器取り付けのお見積もりなども無料で行っておりますので、ご用向きの際はお気軽にお電話ください。

関連記事

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315

あいち水道職人(愛知水道職人) 0120-492-315